コラーゲンドリンクで安千栄仁ぐ

飲むコラーゲンと食べるコラーゲン

コラーゲンは以前から有効な美容成分として定評があるのです。

 

たくさんの種類がありますが、最近の主流となっているのが、美容飲料としてのコラーゲンドリンクと、美容食として食べるコラーゲンなのです。

 

飲むコラーゲンと食べるコラーゲンではどのような違いがあるのかというと、大きく異なる点は形状です。

 

飲むコラーゲンは美容成分の詰まったドリンクで、ジュース感覚で飲めるでしょう。

 

原料にもフルーツジュースを配合するなど、コラーゲン特有の匂いが気にならないよう味や香りが工夫され、手早く摂取することができるのです。

 

一方の食べるコラーゲンは、水に溶かしたり、料理に加えるといった一手間が必要です。

 

パウダータイプは、飲み物に溶かすことでコラーゲンドリンクと同じように飲むことも可能です。

 

調味していないことが多いのも特徴でしょう。

 

ジュースやコーヒー、紅茶など、溶かす飲み物の味を損なわないようになっています。

 

お味噌汁やスープに加えたりもでき、鍋料理に入れるために作られたものもあります。

 

和風だしや鶏白湯スープをベースにしたコラーゲン鍋は、女性を中心に大人気となっていて、薬膳などの健康に良い成分が配合されている場合もあります。

 

ゼリータイプの食べるコラーゲンも好評なのです。

 

デザートのようにおいしいので、スイーツ感覚で食べる方も多く、しかも美肌効果が期待できるとあってかなり話題となっているようです。

 

コラーゲンをどのような形で摂り入れるのか、好みに合わせて選ぶ事をお勧めします。

飲むコラーゲンと食べるコラーゲン関連エントリー


コラーゲンとはどんなものか、お勧めのコラーゲンドリンクを紹介します

Copyright (C) 2010 コラーゲンドリンクで美肌になる All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

飲むコラーゲンと食べるコラーゲン